このサイトは2021年6月末に閉鎖します

9th YEAR BIRTHDAY LIVE 1期生ライブ レポ

コンサート・ライブ

【配信日程】
2021年3月29日(月)開場15:30/開演16:30 (21:00~ リピート配信)

○○(メンバー名)「」の中身は発言そのままではなく、管理人が簡略・加筆した文章になってます。
なるべく意味が変わらないようにしているつもりで書いてます。

影ナレ

高山一実・和田まあや・樋口日奈

・かずみん滑舌・・・
・10年前設定
・もう3人の雰囲気が最高よ

セットリスト

00. OVER TURE

・過去のバースデーライブ映像を織り交ぜたOVER TURE

01. 制服のマネキン

センター:生田絵梨花・星野みなみ

・もう強い
・MVでも使用したマネキンの制服歌衣装
・初期ダンス

02. 会いたかったかもしれない

センター:生田絵梨花・星野みなみ

・この曲がしみついて原曲の「会いたかった」がどんなだったか忘れた
・左右のカメラにアピールしに行く1期生可愛い

03. 指望遠鏡

センター:生田絵梨花・星野みなみ

・前列がスタンドマイクで歌うのはMVオマージュか?

04. 君の名は希望

センター:齋藤飛鳥

MC①

秋元「今年のバースデーライブは全体での2月23日に行われたライブに加えて、期毎にライブを行うという新たなスタイルでやっていきたいと思います。昨日は2期生の堀未央奈ちゃんを送りださせてもらいまして今日は1期生8人でライブをお送りします。」

生田「最初さ円陣したじゃない、いつもやってるけどさ。ちっちゃかったね~。こんな経験さ私たちも10年やってるけど初めてだからさ、珍しく始まる前弱気になっちゃった。すごい初心を思い出したし、始まってみたらね今楽しいからこのまま楽しく突っ切れたらいいなって思う。

高山「最初にマネキン、あのしゃがむやつ。久しぶりにできてめっちゃ嬉しい。昔の乃木坂もよく思い出すんだけど昔の乃木坂も大好きででもリハしてて思ったんだけど、本当に今の乃木坂もめちゃくちゃ好きだからこの好きって思いを噛み締めながら今日は頑張ろうと思います。

樋口「今日の影ナレ、かずみんとまあやと私の3人でやらせてもらったけど10年前の私たちを再現した私とまあやが13歳かずみんが17歳やらせてもらったんですけど、女の子の10代の10年ってすごい長くて大事だけど出会った頃からずっと変わらないグループの仲の良さっていうのもすごく改めて今日リハからすごく感じてて、だからその仲良しの絆を皆さんに画面を通してですけどお伝えできればなって思います。」

和田「最初のマネキンの最初の振り付けとか全部私たちのリハの段階でああしたいこうしたいみたいな意見をすごい今回のライブはみんなで作り上げた感じがすごくあって、だからすごく楽しみで、楽しみましょうね

秋元「皆さんにもねこのライブ最後まで1期生の絆を楽しんでもらえたらなと思います。」

05. 13日の金曜日

ここからメンバープロデュース企画

1期生8人が自分以外7案からくじで演出を選択

メンバー:生田絵梨花
演出:星野みなみ

・ぶりぶりのアイドル生田絵梨花さん
・ゆったんを踏襲

06. Out of the blue

メンバー:秋元真夏
演出:齋藤飛鳥

・可愛さを前面にキャッツ
・「にゃ~」の猫語
・飛鳥登場

07. 僕のこと知ってる?

メンバー:高山一実
演出:松村沙友理

・まっちゅんのかずみんモノマネ
・衣装が素敵
・ピアノ弾き語り・・・?

08. 命は美しい

メンバー:樋口日奈
演出:星野みなみ

・かっこいいひなちま

09. ロマンスの神様

メンバー:齋藤飛鳥
演出:秋元真夏

・マナハラ炸裂
・後ろのガヤ3人
・あしゅりんの仕返し

10. 欲望のリインカーネーション

メンバー:星野みなみ
演出:和田まあや

・セクシーなみなみちゃん

11. 釣り堀

メンバー:松村沙友理
演出:生田絵梨花

・「僕は僕を好きになる」を踊るみんなを観客席で見守りながら歌うまっちゅん

12. ガールズルール

メンバー:和田まあや
演出:松村沙友理

・インド映画がモチーフ
・超大作

MC②

星野「いくちゃんはみなみがプロデュースしました。頭の中で想像してたのが完璧すぎて。」

生田「結構煽りとかあんまりやんない。やってもなんか王道しか言わない人だから、すごい恥ずかしかった。」

星野「カチューシャめちゃくちゃ似合ってましたよ。」

飛鳥「キャット好きでしょ?あのキャッツを再現したくていったので。」

秋元「集団の中で私はふざけたぶりっ子みたいなさよくやるじゃん。あの時って全然恥ずかしさが微塵もないんだけど一人でセンターでやるとめっちゃ恥ずかしいの。汗が止まんなくってずっと震えてた。」

生田「よかったよ。すごいいい感じに腹が立った。」

樋口「『命は美しい』はすごい大好きっていうのを言ってて、みなみに言ったことなかった。」

星野「知らなくて、でも何がいいかなと思って。やっぱちまはかっこいいダンス踊ってほしいな。『命は美しい』だ!ピーンって。」

樋口「一番と言っていいほどの表題の中で大好きだったから嬉しい。」

星野「意思疎通だね。」

和田「モニター見てたのよ。めっちゃよくなかった?セクシーだった。」

星野「失敗しちゃった。ダンサーさんの足めっちゃ踏んじゃった・・・」

和田「大丈夫!鍛えてると思う」

秋元「昔のみなみがどこに行ったの?って思うくらい大人っぽかった。」

星野「あっちの方にピューンて。」

生田「戻ってきて~。」

高山「同じようなプロデュース考えてたの。みなみとセクシーって合うよね?」

星野「じゃあ乃木坂のセクシー担当で。・・・嫌です、やっぱり。」

13. でこぴん

年少組がお姉さん組の楽曲を披露

・オリジナルメンバーの当時年齢より今の年少組の方が年上なのは感慨深い

14. ここじゃないどこか

お姉さん組が年少組の楽曲を披露

・後ろで頑張ってる年少組も可愛い

15. インフルエンサー

センター:高山一実、樋口日奈

・18紅白衣装

16. あの日僕は咄嗟に嘘をついた

センター:和田まあや

・まあやセンターの咄嗟は何度見てもいいもんです
・みなみちゃんと真夏さんの声弱々コンビ

17. Against

センター:生田絵梨花・星野みなみ

18. 裸足でSummer

センター:齋藤飛鳥

・1期生といると途端に妹になる飛鳥ちゃん

19. ごめんねスムージー

・温泉トリオ・・・
・ペアダンスいいね

20. 心の薬

・ピアノver
・初めてピアノver.が披露されたのは16人のプリンシパル

MC③

松村「ここまでのブロックはですね、メンバーがやりたいって言った曲を詰め込ませていただきました。『てこぴん』と『ここじゃないどこか』交換した感じでした。」

飛鳥「やったことあるんだけど、でもこのメンツでやるのも初めてだったからちょっと憧れだった。」

生田「基本的にお姉さんのユニットは憧れだよね。水色あんまりイメージカラーってされないからそこも新鮮だった。『ここじゃないどこか』も最高じゃなかったですか。」

飛鳥「一発目のずーの歌い方寄せてるでしょ。」

高山「生駒ちゃんぽさというよりか新鮮な気持ちでやったらはき違えた。」

生田「再現度が高かったよね」

松村「知らない方は『1st year birthday live』のDVDにきっと載ってるはず。是非見て欲しいです。

あとあのプロデュースコーナーですけど、私は生田さんプロデュースで『釣り堀』。聞いた時に演出のところに『いつも頑張ってるからたまにはサボって欲しい』って書いてくれてて、本当に優しい大好き。」

生田「私も書いておきながら負担にさせちゃわないかなーとかと思った。『サポろう』とか言っといてさ、めちゃめちゃ階段登らせてね、ありがとね。練習の声聞こえてきたり、書き書きしてるのが目に入ったりとか、マネージャーさんが練習進んでます、みたいな感じ動画送ってくれて、すごい私がお願いした身なのにこっちがすごい嬉しくなっちゃって、本当にありがとう。」

高山「いくちゃんのピアノ見てるとさ、凄すぎない?」

生田「私は正直あの演出見てかずみんにジェラシーを感じたよ。弾けてるように見えるじゃん、できちゃってんじゃん。皆さん騙されましたよ。」

高山「ガチで弾かなくちゃいけなかったところはあんだけよ?だから音符とか覚えてた。覚えてたのに本当に鍵盤が真っ白になるの。貴重な経験をさせて頂いた、緊張が解けてやっと楽しくなってきた。ありがとうございました。」

飛鳥「あれは秋元真夏さんが用意して、セリフももう全部やらされました。こっちがデフォルトあれは夢ってことにしたほうがいいと思う。」

秋元「私たちは着替えてきました。これは皆さん見たら何の衣装か分かりますかね?今回初披露の衣装にはなるんですけども、ちょっともしかしたら柄とかね雰囲気でちょっと感じ取ってもらえるかもしれないなっていう衣装になってるんですけど。これね実は1期生みんなで決めた衣装なんだよね。」

樋口「普段もライブ作るときマネージャーさんと話すけどここまで一緒にみんなで話したってことなかったじゃない。この衣装の案は何とみなみちゃんが考えましたすごいよ本当に。」

星野「1期生でライブ楽しみすぎて。せっかく1期生のために衣装作ってくれるってなったら、せっかくなら10周年ということで、新しい大人っぽい私達っていうのと、初心に帰るって意味も込めて、大人バージョンの『ぐるぐるカーテン』みたいのいいんじゃないって話になってね。色とかさデザインは結構みんなで決めた。みんなで作った衣装ですね。」

秋元「ほんと可愛いよね。成長した感じが伝わる衣装になってよかった。これを作れてね。さすがです、みなみ。『でこぴん』3人はやったけどどうだった?」

まあや「嬉しかった。衣装も切れてね。」

樋口「モニターをみんなでライブ中見ててお姉さん達の踊ってるのを見て本当に憧れだったから念願だったね。やっと叶ったね。みんな下の名前で朝呼び捨ての方で言ったからさ私も合わせようと

星野「色もねすごい似合う色にしてくれて、あれは自然とぴったりだったね。こういう時じゃないとやる機会ないからね。『ここじゃないどこか』の真夏が声の代理で嬉しいなと思った。」

秋元「めちゃくちゃ緊張するんだね。まだダンスとかがあった方が紛れるんだけど、前を見て真剣に歌うとなると結構緊張するしどうやって歌うと思ったんだけどやっぱりあのみなみの声をちゃんと思い出してその声で歌おうって言うのでちょっと近づけてみてた。」

星野「幕の係もやった。めっちゃくちゃ重かった。あれ1stの時のやつだっけ。」

秋元「着替えてきた。じゃあ8人1期生全員揃ったということで一人ずつ一言お願いしようかな。」

樋口「約10年間ここにいるみんなと一緒に過ごしてきてその間ですごく選抜アンダーと別れて活動する事もあったりしてすごくつらくてもどかしい日々もあったりしたんですけれども、もっともっと乃木坂で頑張りたいとか、乃木坂なんて居心地がいいんだろうって思わせてくれたのはここにいる1期生の存在がすごく大きかったなって思います。これからここにいる1期生そして乃木坂のみんなともっともっと素敵な景色を皆さんと一緒に見られたらなと思います。これからもよろしくお願いします。」

和田「私は13歳で広島から上京してきたんですけど親に昔もっと教えたいことたくさんあったのに言われたことがあって、お母さんもね、そんな早く親元から離れると思ってなかったから。でも私はここにいるみんなにすごい大切なこといっぱい教えてもらったなってすごく思っています。なので乃木坂46に入れてとても感謝の気持ちでいっぱいです。みんなありがとうございます。」

松村「乃木坂46に入ってから辛いこともたくさんあったけどでもそういう時は大好きな乃木坂46の曲を聴いて自分を奮い立たせて意外と思い返すとみんなと本当に笑いあってることばかり思い出せて、だからこうやってこんな大好きなみんなとライブが出来ることもすごい幸せだなって思うし、本当に人生でこんなに大切に思える人たちと出会えたことを一生忘れないで大切に思うと思います。ありがとうございます。」

生田「今配信を見てくださっている皆様いつも本当にありがとうございます。今日ライブをやって今強く感じていることはこの10年間ここまでいろんなことがあったけど、でも今乃木坂のメンバーとして続けられていて本当に良かったなって思うことと、この8人で1期生として活動できている今が本当に幸せだなっていうことを感じてます。これからね1期生はもう間違いなくみんな折り返しは過ぎて走っているわけでアイドルっていうのは期限が限られているからだからこそ今いるメンバーに大好きっていうことをなんかこの瞬間に伝えたいなって思うし、この大好きなメンバーを応援してるファンの皆さんにもいっぱいいっぱいみんなに愛を伝えて欲しいなと思います。もちろん私たちも皆さんのことが大好きです。これからもよろしくお願いします。」

星野「今日のライブの裏側でも自分が出番終わったらすごく良かったよーとかここめちゃくちゃかっこよかったとかお互いみんな声かけてる姿とかをすごく見て、あーやっぱ本当にメンバーそれぞれが他のメンバーのことを一番に考えているからこんなに10年間も乃木坂として活動できたんだなって思って、みんなと一緒に10周年を迎えられたっていうのは本当メンバーのおかげなんだなって改めて感じるライブでした。8人というちょっと少ない人数にはなっちゃったけど、限られた時間をみんなと楽しんで悔いのないようにファンの皆さんと一緒に楽しんでいけたらいいなと思います。ありがとうございます。」

高山「乃木坂に入ってから丸9年が経ちましたが初めてデビュー曲を頂いた時のことをすごく覚えてます。そしてそのデビュー曲を披露したよみうりランドでの景色がすごく私は今でも心に残ってて、幸せで、もう眩しくて客席が。それでなんか涙が出てきてすごく嬉しいはずなのにすごい嬉し涙が出てきて自分がアイドルになったんだなんてすごい実感した日でした。リハーサルの時に『ぐるぐるカーテン』歌った時にもう音源の声のメンバーがこんなにもいないんだって思って、こないだはちょっと悲しくて泣いてしまいました。『ぐるぐるカーテン』はすごく自分の感情が乗る曲です。今日は画面の前の皆様に離れてても気持ちはひとつだよって気持ちを込めて歌わせていただきたいなという風に思います。」

飛鳥「中学1年生の頃からずっと一緒にいてくれているメンバーは私のどんな変化もすごく優しく受け入れてくれました。いつも私は言葉が足りないと思ってはいるんですけど、みんなのことがやっぱり好きなのでみんながいてくれたらどんな風にもどんな姿にも変わっていけるなと思います。それをファンの皆さんが温かく見守ってくれてたら嬉しいなと思います。改めてみんないつもありがとう。」

秋元「10年間アイドルとして乃木坂46としてやってきて今一番思うことはこのグループが本当に大好きだなっていうことと、この1期生と共にここまで歩んでこれて本当によかったなっていう気持ちです。人数が減ってみんな卒業して次の道を歩んでいますけど、心細くなった時に私たちの背中には卒業生がついているっていう気持ちを持つといつも勇気が湧いてきます。最初の頃から応援してくださってるファンの皆さんもそして最初の頃にいたメンバーも今の乃木坂を見たときに、今の乃木坂もいいなってすごいかっこいいなって思ってもらえるようなグループをこれからもしっかり作って、みんなにつないでいきたいと思います。これからも1期生8人で協力して頑張っていきたいと思います。」

21. ぐるぐるカーテン

センター:生田絵梨花、星野みなみ

EN1. 思い出ファースト

大好きな後輩ちゃんたちの曲パート

・ペアそれぞれか可愛い

EN2. ボーダー

センター:松村沙友理

・みんな大好きボーダー
・真顔でふざけてる

EN3. I see…

センター:星野みなみ

・後輩のアイドル全面曲でも可愛く踊れちゃう
・みなみちゃんが可愛くてえらい

EN4. 左胸の勇気

・この選曲に1期生の思いを感じます

アフター配信

大縄跳び

・あらかじめ語られるロマンス
・ロマンティックいか焼き

EXTRA

・1期生最高です
・かっこいいも可愛いもできる万能たち
・圧倒的なパフォーマンスとプロデュース力そして仲の良さを見せつけられました
・1期生ならではの真面目なおふざけな振りとかも愛おしい
・The乃木坂46、乃木坂らしさそのもの、これだよこれ(語彙力なくてすみません…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました